研究室の雰囲気はどうですか?

荒川・峯研究室は、他の研究室と比べて様々な面で活動的な研究室だと思います。 学外のコンテストやハッカソンに参加している人や、個人で開発をしている人など活動的な人が多いため刺激され、自分の成長につながる環境ができています。 コミュニケーションに関しても活発的なので、講義や研究について同期や先輩に相談しやすいです!!!!

色々と大規模です。まず研究室が広く、コワーキングスペースのような環境になっており研究が捗ります。また、人数が多く、多種多様な経験、スキルを持った方々とコミュニケーションが取ることができます。

様々な大学出身の学生さんがいます。いろいろな大学の学生さんが研究室に来てくれているのも自慢の一つです。九州大学や熊本大学などの国公立大学だけでなく、上智大学や高専などの学生がこれまで入学してきました。留学生もいます。

女子は少ないですが、「女子だから」という理由で疎外感を感じることは全くないです。 同級生はもちろん、先輩や先生方も気軽に話しかけてくださるので、楽しく研究室生活を送っています。

学を考えている方に一言お願いします!

この研究室は技術に関して詳しい人が多く、この研究室で得られるものは非常に大きいと感じています。興味のある人は、ぜひ一度この研究室を覗いてみると良いと思います。

情報に関する技術を持っている人はもちろんですが,全く経験のない人でもやる気と体力だけあれば,楽しい生活を送れる研究室となっています.また,自分は地元が千葉で,東京の大学に通っていて,大学院から九州に来ました.なので,外部から進学することも問題なくできるので,もし興味のある研究があったらぜひチャレンジしてほしいと思います.ちなみに学部時代の成績は,下から数えた方が早いくらい悪かったので,成績に不安があっても試験で乗り越えることが出来ます.気になったら,是非遊びに来てください.

私は太陽電池の発電量に基私は高専からの3年次編入生ですが、九州大学に入学してから、研究や研究室に対するイメージがいい意味で大きく変わりました。 高専の研究室は、人数も少なく設備も整っていなかったため、満足した研究生活を送ることができませんでしたが現在は、たくさんのメンバーと共に充実した研究生活を送っています。 荒川・峯研究室は高専から編入して活躍している人が多いので、現在の研究に満足していない高専生はぜひとも!!!!!!!!!