研究グループについて

人間情報システム研究グループは、大学院システム情報科学研究院情報知能工学専攻高度ソフトウェア工学講座に属する教員4名(荒川・峯・福嶋・中村)による研究グループで、総勢約60名のメンバーで構成されています。

修士は、毎年、他大学や高専から多数の受験者がいます。博士は、イギリス、チュニジア、マダガスカル、エジプト、中国、インドネシア、台湾など多様な国から進学しています。

研究内容

人の行動センシング・認識技術、収集したデータに基づく情報推薦技術、認知バイアスを使った効果的な介入技術、五感を刺激する情報提示技術など、人を理解し支援する情報システム全般について研究します。

研究テーマは教員が押し付けるのではなく、入学後、議論を重ねながら決めていきます。企業との共同研究も多数実施しており、多くの学生が何らかのプロジェクトに参加して活躍しています。

研究環境

全面的にサーカディアンリズム間接LED証明を導入するなど快適性はもちろんですが、部屋全体をリビングラボとして設計し、部屋全体を複数のLiDARでカバーするなど種々のセンシングを行っています。

最先端の研究機器はもちろんですが、お風呂まで完備したスマート住居環境まであります。バス停や食堂にセンサやサイネージを設置したりして、キャンパス全面を使った実験も行います。

研究成果

積極的に対外発表を行っており、これまでに多くの研究成果と賞を受賞しています。多くの学生が卒業までに国際会議で発表します。数だけではなく、トップ会議を目指し、ジャーナル採択も視野に入れて活動します。

また、研究以外にもアプリコンテストに応募して、多数の賞を受賞しています。2021年度は、飯塚スマホアプリコンテストでグランプリを取るなど、4チームで100万円近く賞金をゲットしたそうな。

News & Information

  • 情報処理学会IoT行動変容学研究グループキックオフシンポジウム2件受賞
    4月16日に開催されたIoT行動変容学研究グループキックオフシンポジウムで、以下の2件が賞を受賞しました。 研究奨励賞:荒川豊, "社会便益のための ICT 行動変容支援システム" 実用化期待賞:真弓大輝, 中村優吾, […]
  • 第37回電気通信普及財団賞テレコム学術研究賞を受賞
    公益財団法人電気通信普及財団主催の2021年度第37回電気通信普及財団賞テレコム学術研究賞を受賞しました。この賞は情報通信の普及、振興、発展に貢献する優れた情報通信に関する研究論文・著作等(人文学・社会科学分野、技術分野 […]
  • ホームページ開設
    人間情報システム研究グループ(荒川・峯・福嶋研究室)のホームページを開設しました。 本グループは、九州大学大学院システム情報科学研究院情報知能工学部門において、センサやAIを活用した人間行動の理解、情報推薦やナッジ、さま […]